知人が薬剤師なので少し調べてみた

1814120e5370359fb0296bef1882e366_s

薬剤師は、薬をあつかう専門職です。薬科大学か大学の6年制学部・学科を卒業し、国家試験に合格して免許を取得することで薬剤師になることができます。
薬剤師になったら具体的にどのような仕事をするのかというと、それは働く職場によってずいぶんと違ってきます。薬は安全かつ適正に使用されるために、多くの人の手を経ていますが、薬剤師はこのすべての過程で専門的立場から関与しているため、職域がとても広いのです。
私達に一番身近なのは、薬局の薬剤師です。主な業務は医薬品の管理と調剤ですが、その他にも、薬の効能の説明や正しい飲み方を助言したりと、身近な薬の専門家として利用者の心強い相談役にもなってくれます。
病院にも薬剤師がいます。医薬品の管理と調剤のほかに、医薬品の効果や副作用に関する検査測定なども行っています。
製薬会社で活躍する道もあります。研究や開発、医師や薬剤師への医薬品の情報提供を行う医療情報担当者などの仕事があります。
その他、食品会社や健康食品、化粧品など医薬品以外の分野でも薬剤師の知識と技能が必要とされています。
薬剤師になると、薬の調剤に限らず幅広い分野で活躍することができるのです。

転職はなかなか大変

788f0b93dfff4e15fe825e1392595f7b_s

最近転職しました。全く未経験の業種です。聞こえてくる言葉、目に入る文字。全てが知らない言葉で、日本語なのに外国に居る様な不思議な感覚です。
仕事を覚える、知識を増やす、職場のルールを覚える。そして一緒に働く人達、一人一人の『人間の事』を覚える事。頭から煙が出てくるというのはこういう事かもしれない…なんて考えながら帰宅する日々が続いています。
そして、ふと『赤ちゃんは凄いなぁ』なんて思ったんです。真っ白でこの世に生まれてきて、毎日凄い量の情報が五感を通して小さな身体に入っていって…そして、その情報を処理して『成長』していくんですよね。身近な『赤ちゃん』として妹の子供で甥っ子がいるのですが、メールが送られてくる度にその成長に驚かされるばかりです。少し前出来なかった事が出来る様になっているんです。
きっとあの小さな目で見て、小さな耳で聞いて、覚えた事を自分のものにして、実際に自分で行動に起こしているんですね。そして、きっと自分もそうやって成長してきたんだと思います。
昔、出来た事が今出来ないわけがない。そう思うと知らない事ばかりが溢れていてなかなか前に進めない日々も『やるしかない』と前向きになれます。昨日よりは今日、一つでも多く新しい事を覚えているはずだと。

このページのトップヘ

見出し画像
×